ヒューマンサポートトップへお問合わせフォームへ
行政書士法人トップへ

鹿児島の行政書士法人ヒューマンサポートです。お客様の信頼にお応えできますよう今後とも努力して参ります。

行政トップ > 相続・遺言 > 相続の方法

相続の方法

相続人は相続による権利・義務を受け入れるか否かについて以下の3通りからの選択が可能です。

単純承認

文字通り、単純に被相続人の財産上の権利・義務一切について相続を承認することです。
特に手続きは必要なく、相続開始後三ヶ月以内に他の方法を取らなかった場合は、単純承認したものとみなされます。

限定承認

被相続人の債務の相続について、相続財産のある限りで弁済するという留保つきで承認するというものです。
相続開始を知った時より三ヶ月以内に、家庭裁判所に限定承認申述書を提出します。相続放棄者を除く相続人全員で行う必要があります。

相続放棄

被相続人の財産の全てを放棄し、一切を相続しないというものです。
相続開始を知った時より三ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出する必要があります。

鹿児島医療福祉専門学校 リハプラザふれんどみなみ ヴィラ霧島 さくら郷 ヒューマンパワー