ヒューマンサポートトップへお問合わせフォームへ
行政書士法人トップへ

鹿児島の行政書士法人ヒューマンサポートです。お客様の信頼にお応えできますよう今後とも努力して参ります。

行政トップ > 相続・遺言 > 遺言の執行

遺言の執行

遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なくその遺言書を家庭裁判所に提出して、その検認を請求する必要があります(公正証書遺言の場合は検認手続きは不要です)。

遺言執行者

遺言者は、遺言で1人又は数人の遺言執行者を指定し、又はその指定を第三者に委託することができます。遺言執行者は相続財産の目録を調整します。また、権限として遺言の執行に必要な範囲で財産の管理その他一切の行為をする権限を有します。
遺言の執行をスムーズに進めるためには遺言執行者の選定も一つの方法かと考えます。

検認手続

家庭裁判所では遺言書を開封した後、相続人もしくはその代理人の立会いの下、検認手続きを行います。検認手続きはあくまで遺言書の現状保存、偽造・変造からの防御が目的ですから、これにより遺言書の内容の有効・無効が確定するわけではありません。

鹿児島医療福祉専門学校 リハプラザふれんどみなみ ヴィラ霧島 さくら郷 ヒューマンパワー