Q. 社会保険・協会けんぽの出産育児一時金・出産一時金 事前申請はどうすればいいですか

A.協会けんぽまたは船員保険の被保険者または被扶養配偶者で、出産育児一時金の支給
が見込まれる方がご利用になれます。
手続きは下記の必要書類を揃え、全国健康保険協会に提出することで完了します。


【協会けんぽの出産育児一時金・出産一時金 事前申請手続き】

■対象者
健康保険被保険者で、出産育児一時金の支給を受けることが見込まれ、出産予定日まで1ヶ
月以内の人、又は予定日まで1ヶ月以内の被扶養者を有する人

■申請期間 出産予定日の1ヶ月前から出産までの間

■申請先 保険者(勤務先)

※受取代理を承諾した医療機関等以外で出産等を行った場合はもらえません。
社会保険の出産育児一時金・出産一時金 事前申請の必要書類

■出産育児一時金請求書(事前申請用)

■母子保健法第16条第1項の規定により交付された母子健康手帳、もしくはその他出産予
定日を証明する書類

■健康保険被保険者証

■印鑑(シャチハタは不可)

■世帯主の銀行預金通帳(ゆうちょ銀行は不可)

■死産(中絶含む)の場合は、医師の証明書か火葬証明書



出産育児一時金の事前申請(受取代理制度)は、被保険者(世帯主)が医療機関等を受取代
理人として出産育児一時金を事前に申請し、42万円(※)を限度として医療機関等が出産育
児一時金を受取り、窓口で出産費用を支払う負担を軽減する制度です。

ただ、受取代理について医療機関等の同意を得られなければいけません。同意を得られない
限り、この制度は利用できません。

トータルで42万円(※)が支払われるので、出産費用が42万円(※)未満だった場合は、残り
の差額も受け取れます。

(※)産科医療補償制度に加入する医療機関等において出産した場合に限ります。それ以外 
の医療機関等で出産された場合は39万円となります。また、多胎児の場合はその人数分を
乗じた金額となります(双胎児であれば42万円[39万円]×2人=84万円[78万円] )





   
トップへ
トップへ
戻る
戻る