Q.仕事中にけがをしたが・・・

A.通常ならば健康保険証をもって病院に治療に行くところでしょうが、業務 
上災害の場合には健康保険証を使って診療を受けることはできません。ま 
ず、会社の事務の方、または社会保険労務士に「療養補償給付たる療養 
の給付請求書(様式5号)」を作成してもらい、治療する労災病院または労 
災指定病院に持参し、その病院を経由して管轄の労働基準監督署の労災 
課に提出することで療養の給付が受けられます。
(療養の給付とは業務上災害により病気やケガを負った労働者が、労災病 
院や労災指定病院で、診察、手術、薬剤の支給など、直接治療を受けられ 
る給付のことで、この場合、健康保険のような窓口負担金は一切ありませ 
ん。
  労災指定病院とは、都道府県労働基準監督署の指定を受けて労災保 
険の療養の給付を担当する医療機関のことです。)
労災病院や労災指定病院以外で治療を受けて、かかった費用を立替えて 
支払った場合には、後でその費用を支給してもらう形になります(療養の費 
用の給付)。
  この場合は、「療養補償給付たる療養の費用請求書(様式7号)」を作成 
してもらい、領収書など療養にかかった費用を証明する書類を添付して、管
 轄の労働基準監督署の労災課に提出します。
また、治療してもらっている病院が通院に不便だったり、治療に適切な施設
がなかったりする場合は転医することもできます。この場合には、「療養補 償
給付たる療養の給付を受ける指定病院等(変更)届(様式6号)」を作成しても
らい、転医先の指定病院等に提出します。



  
トップへ
トップへ
戻る
戻る