Q.仕事中にケガをして長期間休んだが・・・

A.業務上災害による病気やけがによって4日以上休業した場合には、休業 
補償として給与の約8割の補償が支給されます。ただし、受給するためには以下の要件を満
たさねばなりません。
@業務上災害により療養していること
Aその療養により労働することができないこと
B不就労として賃金が支払われていないこと
最初の休業3日間を経て、4日目から1日につき給付基礎日額の6割が 
支給されます。また、休業特別支給金として、給付基礎日額の2割がこれに加算されます。最
初の休業3日間については事業主が給付基礎日額の6 
割を補償せねばなりません(ただし、通勤災害を除きます)。
手続きは「休業補償給付支給申請書(様式8号)」を作成してもらい、管轄の
労働基準監督署の労災課に提出することで完了します。
要件を満たしている限り、支給期間の限定なく支給されますが、傷病補償 
年金に該当した場合には打ち切られます。(1年6ヶ月で傷病補償年金に 
切り替わるか判断されます)





  
トップへ
トップへ
戻る
戻る