Q.事業主だけど労災保険に加入したいが・・・

A. 労働保険事務組合に労働保険を事務委託することで、事業主のみなら 
ず家族従事者も特別に加入することができます。(事務委託の内容につい
てはこちら)

この特別加入の制度は、下記に定める数以下の労働者を常時使用する事 
業主(事業主が法人その他の団体であるときは、その代表者)及び労働者 
以外で当該事業に従事する方(事業主の家族従事者や、中小事業主が法 
人その他の団体である場合における代表者以外の役員など)を対象として 
います。

継続して労働者を使用しない場合であっても、1年間に100日以上にわた 
り労働者を使用している場合には、常時労働者を使用しているものとして取り扱われます。

《中小企業と認められる規模》
金融業・保険業・不動産業・小売業 ・・・・・・・・ 50人
卸売業・サービス業 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100人
上記以外の業種 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・300人

○特別加入の手続きについて
中小事業主等に該当する方が特別加入するためには、
@雇用する労働者について労働保険関係が成立していること
A 労働保険の事務処理を労働保険事務組合に委託していること
の2つの要件を満たしていなければなりません。

該当される方が特別加入したいときには、労働保険事務組合を通じて所轄 
の労働基準監督署長を経由して都道府県労働局長(以下、『局長』という) 
に対して特別加入申請書を提出します。その際、家族従事者など労働者以
外で業務に従事している方全員を包括して特別加入させることが必要で 
す。また、同一の中小事業主の方が2つ以上の事業の事業主となっている 
場合、前記の特別加入の要件を満たしているときは、2つ以上の事業につ 
いて希望の業種ごとに特別加入する必要があります。

   特別加入の申請に対する局長の承認は、申請の日の翌日から起算し 
て14日の範囲内で特別加入を申請する方が加入を希望する日となりま 
す。



   
トップへ
トップへ
戻る
戻る